遮熱シートは暑さ、寒さ対策に有効です。農業機械・除雪機械のご用命は長沢建設にどうぞ。

中小企業家同友会置賜支部9月例会

中小企業家同友会置賜支部9月例会

昨日9月18日は(有)笹木製作所 笹木社長の報告でテーマは
「人を生かし会社の未来をつくる」でした。
事業内容はアルミ鋳造、鋳物用中子製造です。
http://www.sasaki-imono.jp/

1.製造業、特に3Kと呼ばれるような職種は人の定着が問題で、笹木社長もやはりこの悩みでした。

2.2011年に同友会入会 お客様とのつきあいをコミュニケーションと思い、社員とのコミュニケーションは必要無いと考えていた事に気づきます。

3.経営指針を作成し、社員に発表しますが理解してもらう事が簡単でない現実がありました。

4.コーヒータイムと称した個人面談を毎朝一人、20分程度行い、一人一人の理解度を高めるようにします。又、会議は不良品を無くす為の会議とし、前もって議題を決め短時間で話し合いそれ以外は話ししません。
具体的には、不良の分類をし、その原因を書き出し、その原因をつぶす為の会議です(評価し、改善します)。そこから一人一人が考える事の習慣が出来、いろいろな意見が言える環境になっていきます。
その結果、不良率が5%から1%に減りました。(業界では5%の不良率は普通だそうです。)

5.経営理念の「みんなで幸せづくりの出来る会社を目指します。」を実践する為
残業を無くす→不良を無くす→単価を上げる(安い仕事は断る、メーカー直取引をする)と改善していきます。

6.今後の課題は、この仕組みづくりをさらに精度の高い物にしていきたい、とのことでした。

笹木社長は、この過程で部門のリーダーを交代させます。交代させられたリーダーは辞職しようとしますが、引き留めます。理由はこの経営理念を作ったときにあなたがいたのだから、辞めて不幸にすることは出来ない、ということだからそうです。

理念の重要性をつくづく感じました。

コメント


認証コード5205

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional