遮熱シートは暑さ、寒さ対策に有効です。農業機械・除雪機械のご用命は長沢建設にどうぞ。

中小企業家同友会置賜支部8月例会

中小企業家同友会置賜支部8月例会

昨日は8月例会で、田宮印刷の阿部常務の報告でした。
テーマは「社員と現状認識を共有することから始めよう~人材育成を組織運営で考える~」です。
さすが山形同友会社員共育委員長の阿部さんです。盛りだくさんの上、濃い。50分の報告はあっという間でした。

・現状認識の共有の必要性
 1. 世の中の情報
 2.業界の情報
 3.自社の情報
 三つの情報をつなげて、数字で認識共有する事が大事。
 
・目標設定と達成
 現状と目標の差を「ギャップ」とし、どうやって埋めるかを考えたときが自主性を育むチャンスと捉える。
 ↓ 
 「自主性の発揮」を意識する(大きい目標を詳細にすれば自分に  近くなる)

・社員一人一人が考え、行動出来るようにするのが「会議」
 会議で役割を与え、自信を与え、成長させる。
 
 「会議の先行管理」
 1.会議前  事前に確認し、指導する
 2.会議当日 全て担当者に任せる
 3.会議後  良い所を評価してあげる→自信をつける
  *悪かった所は会議前に指導する

 会議では、「やったかどうか?」の確認では後手になる。「確実にやれるかどうか」を支援することを目的とする事が大事。

以上、現状認識の共有と会議を利用した人材育成について学びました。
     

コメント


認証コード8952

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional